【議会報告】こども食堂への行政支援について

Q. 子ども食堂の支援に至った経緯と目的を示していただきたい

子ども食堂とは、経済的.時問的な理由などにより、家庭的な環境の中で食事をする機会の少ない子どもに食事を提供する活動であり、本市では、平成28年度に実施したモデル事業の結果を踏まえ、孤食や生活困窮など、様々な家庭環境で暮らす子どもを地域で見守り、必要とする支援に繋げていくための環境整備を進める。子ども食堂に関する支援として、まず、子ども食堂の新規開設時の備品や設備改修等の費用に対し、開設支援補助金として20万円を上限に助成している。堺市社会福祉協議会に事務を委託し、「さかい子ども食堂ネットワーク」を設け、食付・ボランティア等のマッチング、食品衛生や子どもとの関わり方などに関する研修会や子ども食堂を応援するフードドライブなどを実施している。

Q.子ども食堂の区別の開設数と美原区の状況と、今後の取り組みについて

美原区は2か所である。6小学校区のうち2校区で開設されている。子ども食堂がない地域への開設を促すために、開設支援補助金の交付対象地域を、今年度から原則、子ども食堂がない小学校区域に見直した。子ども食堂の活動が地域に根付いて、子どもたちを見守る場所とし、 活動し続けられるよう、子ども食堂の取組に賛同いただける市民の皆様や企業・団体の皆様等と連携しながら、子ども食金の活動をサポートしていく。子ども食堂の実践は、SDGsの『誰一人取り残さない世界の実現』(持続可能な開発目標)スローガンとも重なっている。昨日、美原区の八上っ子キッチンの子育て世代への食料品の無料配布を拝見した。暑い中、コロナ禍中、ボランチアの方々や社会福祉協議会の方及び、ご協力をいただいている関係各位の企業様には本当に頭の下がる思いである。

友だち追加