【議会報告】大阪狭山市との消防広域化について

Q.一般企業などでの効率化のための合併では、人員の削減などが行われることが多いと思うが、大阪狭山市との消防広域化後の消防体制について、効率化を図ることで人員の削減などにより、サービスが低下するのではないか?という市民の方々からお声をいただく。その見解を示していただきたい。

消防広域化は、一般企業における合併とは異なり、職員の削減等ではなく、大阪狭山市の本部機能を堺市消防局に集約することにより、現場活動要員の拡充を行うもの。大阪狭山市では消防ポンプ自動車の乗組員が増員されるなど、より効率的な人員配置により、消防力の強化を図るもの。本市にとっても、消防拠点の増加や消防職員は増員となることによるスケールメリットのほか、南区、東区、美原区などの大阪狭山市と隣接する区との境界おいて、現場到着時間の短縮が図られるなど、市域や行政区域を超えた効率的な運用が可能となり、消防サービスは向上するものと考える。

友だち追加